眠れる森の美女@マリインスキー劇場

ロシアバレエファンのみなさん、こんにちは!
怒涛の投稿について来れていますか?笑
さて、今回は先日鑑賞したマリインスキー劇場の「眠れる森の美女」を取り上げたいと思います。
ロシアバレエの父「マリウス・プティパ」の生誕200周年という記念すべき年を迎えた今年。同劇場では3月からプティパ作品をいつも以上に盛大に上演しています。
とりわけ、彼の誕生日である3月11日の前に行われた「眠れる森の美女」は通常同劇場で上演されているセルゲーエフ改定版ではなく、プティパ版(ヴィハレフ復元)が上演されたのも注目すべき点です!

【鑑賞作品情報】 ※劇場英語版サイトからも情報をご覧いただけます。
●作品:眠れる森の美女
●鑑賞日:2018年3月9日
●主なキャスト:
・オーロラ姫:オレシア・ノヴィコワ(Olesya Novikova
・デジレ王子:ティムール・アスケロフ(Timur Askerov
・リラの精:オクサーナ・スコーリク(Oxana Skorik
・ダイヤモンドの精:ヴァレリヤ・マルティニュク(Valeria Martynyuk
・サファイアの精:石井久美子(Kumiko Ishii
・カラボス:イスロム・バイムラードフ(Islom Baimuradov
・フロリナ王女:永久メイ(May Nagahisa
・青い鳥:エフゲーニー・コノヴァロフ(Yevgeny Konovarov
●原作:シャルル・ペロー
●音楽:ピョートル・チャイコフスキー
●振付:マリウス・プティパ(セルゲイ・ヴィハレフ復元版)
※3幕目、デジレ王子のヴァリエーション(ソロ)はコンスタンチン・セルゲーエフ改訂版を使用⇒詳しくは下記の「作品(異なる点)」を参照
●同劇場初演:1890年1月3日
●あらすじ:
プロローグ:
<第一場>フロレスタン14世の宮殿では、娘のオーロラ姫の誕生を盛大に祝う洗礼の儀式が執り行われていた。リラの精を筆頭に5人の要請が姫の名付け親として招待されたが、そこに突如邪悪な妖精カラボスが現れる。自分が洗礼の儀式に招待されなかったことに怒り、「オーロラ姫の20歳の誕生日に、彼女の指に糸つむぎの紡錘が刺さり死ぬ」という呪いをかける。

しかし、リラの精は「針が刺ささったオーロラ姫は100年の眠りにつき、その後現れるであろう王子の口づけによって目を覚ます」とどうにかカラボスの呪いを弱める。
第一幕:
<第ニ場>オーロラ姫の20歳の誕生日。宮殿には4人の求婚者が集まり、姫と楽しい時を過ごしている。

そんな中、突如謎の老人が現れ、姫に花束を手渡す。姫は周りの忠告もよそに、そして花束の中に紡錘が入っていることも知らず楽しそうに踊り続け・・・そして、ついに姫の指に針が刺さり、倒れ込む。何を隠そう謎の老人はカラボスだった。
混乱に陥る宮殿にリラの精が現れ、姫は眠りについただけと諭す。姫が目覚めると同時に宮殿にいる全員が目を覚ますようにと、城全体に眠りの魔法をかける。
第二幕:
<第三場>100年経過。狩りをするデジレ王子一行。王子が一人になったのを見計らってリラの精が現れる。彼女は王子に「将来の姫を見せましょう」と誘い、オーロラ姫の幻を見せる。姫の姿に心奪われた王子は彼女の元に連れて行ってくれと懇願する。そして、リラの精と王子はオーロラ姫の眠る城へ向かう。

<第四場>
城に着いた王子は眠りについたオーロラ姫を発見する。王子の口づけによって姫は目を覚ますことができるとリラの精に諭され、口づけをする。すると、姫をはじめ、城中にいた全員が目を覚ます。そして、王子と姫は結ばれる。
第三幕:
<第五場>
オーロラ姫とデジレ王子の結婚式。様々な妖精たちやおとぎ話の主人公が招かれ、二人の結婚を祝す。

【感想】
●作品(総評):プティパの生前200回以上も上演されたとされるプティパ渾身の一作。登場人物が多く、舞台装飾から衣装まで絢爛豪華極まりないこの作品はお金がかかることでも有名で、また上演時間も驚愕の3時間50分(もはや4時間)笑

それだけのことはあって、やはり見ごたえ満載で、見終わった後の満腹感は他のどの傑作バレエ作品をも凌ぐ勢い。
特に今回の「眠れる森の美女」は通常マリインスキー劇場で上演されるセルゲーエフ改訂版と大きく異なった点も要因の一つと言えるかもしれません。

●作品(異なる点):今回の作品と通常のセルゲーエフ改訂版の違いを簡単にまとめます。
①舞台装置、衣装:ものすごいビビッドカラーでびっくり!
通常のセルゲーエフ版は淡い色合いの衣装が多いため、あまりにも違う色遣いに驚きました。もちろん過去のスケッチを忠実に再現して制作されているので、このような貴重な版を見れたことを嬉しく思います。

②振付:地味に違う!
・第一幕のオーロラ姫と求婚者4人の踊りのほんの一部分
・第二幕、第三場のオーロラ姫の城に向かう前の王子のソロがなかったような・・・
・第二幕、第四場の城での王子とカラボスの決闘シーン
・第三幕の子供たちの踊り
≪二幕目の違いの理由≫
プティパは女性パートに重きを置いていました。確かに、この作品の7割方を女性ダンサーの踊りが占めるという印象を受けました。ちなみに、白鳥の湖やジゼルも圧倒的に女性ダンサーの方が多いですね。
話は戻って、もはやデジレ王子でさえも見せ場はあまりなく、第三幕の王子のヴァリエーションや王子と姫のパ・ド・ドゥがなかったという話もあります。
セルゲーエフ版のデジレ王子のヴァリエーションが普及したこのご時世、「本日、王子のソロはございません」って訳にはいかない(笑) そんな訳で、王子はしっかりヴァリエーションを踊っていました。

●見所シーン: 
その①:プロローグのリラの精、その他5人の精の踊り。プティパが表現したかった「美しさ」のすべてが詰まっていると感じました。ちなみに、「5」という数字は「幸福」を意味するそうです。
その②:第一幕目のオーロラ姫と4人の求婚者の踊り。優雅さの中に垣間見える高度なテクニック。
その➂:第二幕目の三場と四場の間の「音楽休憩」
この間、幕は下りていて、舞台裏では場面転換をしています。そのため踊りは全くありません。しかし、幕間の休憩ではなく、ヴァイオリンソロがおよそ10分程続きます。オーロラ姫のいる城へ向かう旅路で王子が胸を膨らませている様子が目に浮かぶようなヴァイオリンの音色が劇場中に響き渡ります。そう、ここは休んでる場合ではないのです(笑)
その④:第三幕目の全部(笑) 雑に聞こえるようですが、クラシックバレエの醍醐味がすべて詰まった幕です。すべての踊りを見逃すことができない、そして、圧巻のフィナーレです!
その⑤:豪華絢爛な舞台装置。特に、今回の版は第三幕目の背景がとても特徴的でした。劇場英語版サイトに掲載されている写真を見れば一目瞭然。

●気になった点:デジレ王子の髪型
誰のせいでもないことをあらかじめ声を大にして言っておきます(笑)
ただ、通常上演されている版と異なり、第二幕の王子の髪型がいわゆるフランス貴族の髪の長い男性の髪型なのですが、どうしてもドレッドヘアーにしか見えず、しかもその上に帽子を被っていたので、どうにもこうにもパイレーツ・オブ・カリビアンの登場人物に見えて。
嘘、あれアスケロフなの?!と一瞬わからなくなるぐらい、アスケロフの要素が消された髪型でびっくりしたっていう話です(笑)

●ダンサー:みんなが思い描くオーロラ姫!
・ノヴィコワ:この役に限らず、彼女はいつも全てが完璧で、観る者をこんなにも惹きつけ、虜にする、そんな素敵なダンサーです。良い表現が見つからなくて心苦しいですが、某有名選手が言っていた「何も言えね~」とため息が出てしまう程、信じられない完成度でした。
・アスケロフ:足先までとても綺麗に踊りあげ、特にこの日は信じられないぐらいピルエットが美しく決まっていました!
・石井さん:この記念すべき公演でサファイアの精に抜擢されたこと、ちろんご本人が一番嬉しいと思いますが、筆者も物凄く嬉しいです(笑)石井さんの素敵なサファイアの精を見ることができて感激です。

●本日の注目ダンサー:永久メイさん
今日取り上げずして、いつとりあげるの!ということでついに待ちに待ったこの方の登場です!マリインスキー劇場の研修生として昨年2017年7月より活躍中の永久さん。
この日が彼女にとってフロリナ王女の初演でもありました。とても初演とは思えないほどのハマリ役でした!
実は筆者が永久さんの踊りを観るのは2回目で、初めて観たのは同劇場の「ル・カルナヴァル」という作品の蝶々の役でした。とても線の細く小柄なダンサーでチャーミングかつ美しく、そして高いテクニックを併せ持ったバレリーナですっかり見惚れてしまいました。
そんな彼女が今回フロリナ王女を踊るということもあり、万を持して劇場へ!きっと前回のようにチャーミングな彼女が見れると思ったら、良い意味で期待を裏切られました。前回観た際は、だいぶ小柄なダンサーだな、という印象を受けたのですが、今回は全く感じず、むしろ非常に存在感の大きい、かつ堂々としていて、ダンサーとして一皮も二皮も剥けた彼女の姿がそこにはありました。もちろん持ち前のチャーミングさは健在でしたが、妖艶さの方に磨きがかかったように感じました。彼女の登場シーンは今回一番盛り上がった場面の一つと言っても過言ではないぐらい、観客から大喝采が贈られていました。その中には「ブラボー」と叫ぶ小さな女の子がいたりして、現地の観客に愛されるダンサーであることを実感しました。
そして、先述の石井さんもそうですが、ロシアが誇る最高峰の劇場に二人も日本人が所属し、活躍していることが純粋に嬉しいですね。今後のお二人の活躍に目が離せません!

●筆者のつぶやき:ワガノワバレエ学校の生徒が大活躍
眠れる森の美女は子供の出番がとりわけ多く、ワガノワバレエ学校の生徒が大活躍する作品の一つです。その中でも、第一1幕、オーロラ姫が4人の求婚者からもらった花を自分の母(女王)の足元にちりばめるシーン。その花を拾い集め女王に渡すという大役をバレエ学校の少年が務めあげた訳ですが。あまりにエレガントすぎて感動!ステージの中央はオーロラ姫の踊りが続くので、ほとんど注目を浴びないであろう場面にも拘わらず、的確な所作のもと、エレガントに舞う彼の姿に、ただならぬスター性を感じました。大げさ(笑)
名前もわからない彼ですが、きっと素敵なダンサーに育っていくことでしょう。

【本日の写真】カーテンコール
※この他の写真はEliska’s Instagramに載せます。

IMG_5573

投稿者: eliskarussianballet

ロシアバレエファンによるサンクトペテルブルクの劇場鑑賞をまとめたブログです。ロシアバレエファンのみならず多くのバレエファン、バレエファンじゃない人も巻き込んだ楽しいブログにできたらと思います!どうぞ気軽に遊びに来てください。

“眠れる森の美女@マリインスキー劇場” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中