ライモンダ@マリインスキー劇場

ロシアバレエファンのみなさん、こんにちは!
本日、4月29日は国際ダンスデ―です。
そんな日にぴったりな投稿を!ということで、先日鑑賞したマリインスキーバレエ団の「ライモンダ」を取り上げたいと思います。
今年、生誕200周年を迎えたロシアバレエの父「マリウス・プティパ」の晩年の作品であり、主役のバレリーナ泣かせとも言える5種類ものヴァリエーション(ソロ)をちりばめた非常に難易度の高いこの作品。まさにプティパ渾身の一作と言えるでしょう!

【鑑賞作品情報】 ※劇場英語版サイトからも情報をご覧いただけます。
●作品:ライモンダ
●鑑賞日:2018年4月25日
●主なキャスト:
・ライモンダ:ヴィクトリア・テリョーシキナ(Viktoria Tereshkina
・ジャン・ド・ブリエンヌ(婚約者):サンダー・パリッシュ(Xander Parish
・アブデラフマン:コンスタンチン・ズヴェレフ(Konstantin Zverev
・クレメンス(ライモンダの友人):クリスティーナ・シャプラン(Kristina Shapran
・ヘンリエッタ(ライモンダの友人):ナデージダ・バトーエワ(Nadezhda Batoeva
●音楽:アレクサンドル・グラズノフ
●振付:マリウス・プティパ(コンスタンチン・セルゲーエフ改定版)
●同劇場初演:1898年1月7日
●あらすじ:
第一幕:
舞台は中世フランス。お城ではライモンダの誕生日パーティーが開かれている。彼女は十字軍出征に旅立ったハンガリー国王の息子で婚約者のジャン・ド・ブリエンヌの無事の帰還を祈り続けていた。そんな彼女のもとに招かれざる客であるサラセンの騎士アブデラフマンが現れ、彼はたちまちライモンダに心奪われる。アブデラフマンは彼女に気に入られようと高価な贈り物を差し出すが、彼女は全く関心を示さない。
その夜、ライモンダは眠りにつき、夢の中に婚約者のジャンが現れた。彼女は婚約者との幸せなひと時を過ごすが、いつしかジャンの姿はアブデラフマンとすり替わってしまう。慌てて飛び起きたライモンダは夢だったと悟る。
第二幕:
十字軍の遠征に勝利した知らせを受けて、お城ではジャンの帰還を祝う宴が始まった。ただ、ジャンはまだ姿を現さず、今か今かと待つライモンダのもとに再びアブデラフマンが現れ、ライモンダを略奪しようと試みる。しかし、ついにジャンが姿を現し、ライモンダをかけてアブデラフマンとの決闘が始まる。結果、アブデラフマンが破れ、息絶える。
第三幕:
ライモンダとジャンの結婚式。

【感想】
●作品:
導入にも書いた通り、主役のライモンダの5種類ものヴァリエーションからなる珍しいバレエ作品、とにかく見応え満点でした。そして、サラセンやハンガリーの民族舞踊などの要素がふんだんにちりばめられ、異国情緒を感じる魅力的な作品でした。また何よりもプティパの「眠れる森の美女」と同様にとにかく絢爛豪華で、壮大な作品の世界観にどんどん引き込まれ、あっという間の3時間でした。

●見所シーン: 
その①:
ライモンダの5種のヴァリエーション。一幕目の薔薇をモチーフにしたヴァリエーション、夢の中での2種のヴァリエーション、二幕目の恐らく誰もが聞いたことのあるメロディーでホルンの音色が特徴的なもの、三幕目の結婚式のシーン。すべてが非常に難易度の高いヴァリエーションであり、かつ特徴の異なった振付で、ライモンダ役のバレリーナの様々な魅力を感じ取れる構成になっています。主役のダンサー的には計り知れない苦労があり、たまったものではないでしょうけど(笑) しかし、確実に全てのヴァリエーションが見所で、見逃すことはできません。
その②:第二幕。サラセン人達(アブデラフマンの手下)、そして、アブデラフマンの躍動的で情熱的な舞。ライモンダへの必死の求愛、ほんの少し心が揺れそうなライモンダとの絶妙な掛け合いは必見です。
その➂:第三幕。結婚式でのハンガリー舞踊。特徴的な首、手、足の動きなど、この作品の特徴を感じられる場面になっています。

●ダンサー:完璧に踊りこなすライモンダ
・テリョーシキ:ミス・パーフェクトとも言われる彼女、筆者が勝手に言っているだけですが(笑) それにしてもやはり彼女の正確さ、一寸とも狂わない高いテクニック、豊かな音楽性をこれでもか!と見せつけられ、まさに彼女の魅力を余すことなく感じられるパーフェクト・ライモンダでした!
テリョーシキナにはどうしても「パーフェクト」という言葉を使いたくなりますが、実際この言葉が一番似合うダンサーだと思います。
・パリッシュ:彼を見るといつも切実に痛感します。やはりダンサーは見た目が大事なのだと(笑) 信じられない程、絵に描いた通りのジャンがそこにはあり、ジャンそのものでした。あまりにも「勇者」という表現が似合う、そんな強烈なオーラを放っていました。
・ズヴェレフ:皆さんも薄々お気づきかとは思いますが、ズヴェレフ信者の筆者。詳しくは以前の記事(愛の伝説)をご参照ください。この日も魅力満載のアブデラフマンを踊り切り、二幕目で死してしまうのはわかっていながらも、なぜか彼を応援してしまうというストーリー完全無視の見方に走った筆者ですが(笑) 彼はソロでの踊りの魅力もさることながら、サラセン人の手下を率いた中での、つまり群舞での圧倒的な存在感のある舞やテリョーシキナとの絶妙な掛け合い、安定感のあるサポート、リフト、男性ダンサーに必要な全てを兼ね備えた非常に器用なダンサーだと毎回観る度に感じます。

●本日の注目ダンサー:ナデージダ・バトーエワ
ここでわざわざ注目しなくても、来日公演でも度々彼女を目にしている方も多いかと思うので皆さんご存知かとは思いますが。近頃は「白鳥の湖」で主役デビューを果たすなど着々とプリマへの道を進んでいる模様の彼女。今秋の日本公演でも彼女が「白鳥」にキャスティングされていましたね。
この日はライモンダの友人(ヘンリエッタ)を華麗に踊り、一幕目ではペアを組む相手役のフィリップ・スチョーピンとの絶妙に息のあったパートナーシップを披露しました。そして、二幕目の彼女のヴァリエーションでの息を呑むほどの完成度。とあるロシアのバレエ評論家が「ポスト・テリョーシキナ」と言っていたのをふと思い出し、今後のマリインスキーを確実にリードしていくダンサーであることをひしひしと感じました。
ちなみに、彼女のご主人はアントン・ピモノフという元マリインスキー劇場のダンサーで現在は振付家として活躍中です。舞台関係者を対象としたゴールデンマスク賞(振付家部門)を昨年受賞し、今シーズンからエカテリンブルクバレエ団の副芸術監督にも就任し、活躍の場を広げています。妻もすごいが夫もすごいという恐るべき夫婦!今後のお二人の一層の活躍に目が離せません。

●筆者のつぶやき:ホルンが・・・
二幕目のメロディーが特徴的なライモンダのヴァリエーションで、ホルンソロがやらかすという・・・。にも関わらず、何事もなかったかのように踊り切るテリョーシキナ。もはやブラボーを通り越して、何と言って彼女を称えたらいいか分からないぐらい!
そりゃ、人間上手くいかない時もありますよね、ただ、あのホルンソロのミスは致命的では・・・笑
どんなメロディーかというと出だしの「パッパッパララ~♪」というところですけども、よくわからない方はロパートキナ版の動画(7:09辺り)でご確認ください。

【本日の写真】カーテンコール
※この他の写真はEliska’s Instagramに載せます。

IMG_5769[1]

投稿者: eliskarussianballet

ロシアバレエファンによるサンクトペテルブルクの劇場鑑賞をまとめたブログです。ロシアバレエファンのみならず多くのバレエファン、バレエファンじゃない人も巻き込んだ楽しいブログにできたらと思います!どうぞ気軽に遊びに来てください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中